ママといっしょに

積み木今昔物語

昔から子供たちに親しまれている積み木。
昭和の積み木は、大きくてごついものがほとんどでしたが、最近の積み木は、軽くて、丸みを帯びているのが印象的です。
積み木は、自由に形を作れるだけでなく、何かに見立てて遊んだり、形を覚えるのに役に立ちます。
丸、三角、四角だけでなく、円柱や四角柱や球などの形があります。
中には、動物やアルファベットの形のものもあります。
組み合わせてお城を作ったり、トラックを作ったりと自由気ままに好きな形を作れるのがポイントです。
一人でも遊べますし、親子で、いろいろな形にチャレンジすることも出来て使い勝手がよい玩具です。
形を作る玩具では、最近は、ブロックやマグネットで組み立てる玩具も人気です。

安全と安心がモットーです

小さい子どもは、何にでも興味があり、何でも口に入れたがります。
口よりも小さいものは、誤って飲み込んでしまう可能性があるので、目が離せません。
その点、積み木は、それほど小さいものはありませんし、最近のものは、無着色で木にも拘り、子どもが舐めても安心な素材が使われているものもあります。
また、角が丸みをおびているものも多く、誤って人に投げてしまっても怪我がしにくい工夫がされています。
一つ一つが軽いのも特徴です。
積み木一セットで、まだ積むことができなくて、握ったり、掴んだりするだけの小さな頃から、積極的に物の形を作ることが出来るようになるまでずっと使えます。
子どもたちが安全で楽しく遊べるように、作る側も日々努力を重ねています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ